銀行カードローン メリット

銀行カードローンのメリット

銀行のカードローンを利用するメリット

銀行のカードローンを利用するうえでのメリットは二つあります。

 

  • 総量規制の対象外である
  • 声高にメリットというのは少々問題があるかもしれませんが、銀行は総量規制の対象外になります。
    2010年の6月に施行された改正貸金業法により、年収の3分の1以上の融資を規制する『総量規制』なる規制が実施されるようになりました。
    これにより、すでに借金がある人の多くは総量規制の対象となってしまうのですが、この貸金業法という法律は、消費者金融などの貸金業者が対象であって、銀行は対象ではありません。よって、年収の3分の1云々という話も、銀行の融資を利用するにあたってはとりあえずは関係のない話です。
    多重債務者の増加を防ぐ目的で導入された規制ですから、それが対象外であることがメリットというのは語弊がありますが、消費者金融からもう借りられない人にとって朗報であることは間違いないようで、実際、管理人が運営している多くのサイトでも、銀行のカードローンへの申し込みが急増しています。

     

  • 安心感が強い
  • これは言うまでもないことでしょう。銀行といえば、公務員並みに『お堅い職業』という印象を多くの方が持っておられるのではないでしょうか?こういう印象が背景となり、カードローンを利用する際にも「銀行が提供しているサービスなんだから」と大きな安心感となっています。


ホーム RSS購読 サイトマップ